Spring Field 便り

2011年3月17日。小さくて、とても大きな存在。その誕生の瞬間をご覧下さい

はじめに

仔犬の誕生

薄いビニールの様な袋に包まれて
赤ちゃんは産まれてきます。

Babyのへその緒に胎盤が付いていています。
胎盤を母犬の子宮から離した所です。

袋をさいてまずBabyの顔を出します。

胎盤を鋏で切りBabyから離します。

この時Babyをタオルで包み逆さにして振り、
肺に入った羊水を出してあげます。

へその緒を糸で縛り出血を止めます。

ひとりでハイハイしています。

ここまでは、Babyの体温が下がらない内に敏速に行います。

これはBabyが産まれてきた時に付いていた胎盤です。
(Babyは栄養をへその緒から吸収しています。)
これを始末して私は一度手を洗います。

2011年3月17日
プレスーパームーンに震災の時を越えて、
母犬ニーナ、父親サンボから
5頭のBabyが誕生しました。

Home    仔犬情報   チャンピオン   Spring Field便り   巣立ったこどもたち   交通案内・リンク   お問い合わせ